ホーム » 繋がり » 友達 » facebookのpokeって?何をする機能なのかな・・

facebookのpokeって?何をする機能なのかな・・

Facebookにはpokeという機能があります!pokeの呼び名はポケじゃなくポークです

pokeの事を簡単に説明すると、こっちは元気だよ、あなたは元気?をはじめ
ちゃんとFBにはいるよ!最近どう?など相手への意志表示になります

このpoke機能は、簡単にまとめるとアイフォンとアンドロイドで
人気のアプリ「Snapchat」と一緒かもしれないですね!

また最近では、pokeの利用以外でも、普段からfacebookをアクティブに
いつも活用されている方の中で、現在、恋人がいない方のご縁を繋ぐ為に作られた
人気のお見合いアプリがあります!ペアーズなどが有名です

facebookにログインをして利用するサービスなのですが、名前は非公開です。

facebookの中で、自分の名前を検索されない「安心感」が事前にあるからこそ
最近、利用者が急上昇しているそうです。登録者の男女比率も同じぐらいなので
カップルになれる確率が非常に高いことで人気を集めています

男女共々、アプリに登録をすると、自分のfacebookの友達情報を取得してくれるので
仮に友達が同じお見合いアプリを使っていたとしても、友達になっている方に対しては
自分のプロフィールは表示されないシステムになっています

またfacebookを利用する中で、友達が増えてきたら更新ボタンを押せば
新しいfacebookの友達にも、あなたのプロフィールは表示されませんので
安心して利用することができます。このあたりが人気の秘密なのでしょうね^^


アプリなどを利用すると、facebookの中にいる友達が投稿した内容の閲覧や
コメント入力、そして、メッセージをやりとりの頻度が少し減ってしまうことがあるので

だからこそ、コミュニケーションの代わりに、pokeを上手に活用しながら
「あいさつ」をする感じで、pokeを頻繁に利用している方が多いのです

ちなみにpokeの英語に日本語に訳すと、面白いのですが
意味としては「ちょっとつっつく」になります(笑)

pokeを活用していく為の注意点としては、あなたが休日でログインをして
なんとなく観覧している際、友達からpokeが届いている事に気づき、
直ぐにpoke返しをしてあげたとします

その後、友達から数日、数週間と、poke返しがなくても、怒ったりはせず
気長に待ってあげることが大切です、pokeとはそういうゆるい感じですし
自分の軸で考えるのではなく、相手のリズムもあるということを
しっかりと理解して使っていきましょう!

ヘビーユーザー同士になると、どちらかがメリハリをつけて終えないと、
ずっとpokeだけを、ただやりとりするだけの仲になる怖れもあります

ちょっと、余談も入ってしまいましたが、それでは、どういう風にして
pokeって相手に送ってあげればいいのでしょうか?このやり方は非常に簡単です

pokeを送りたい相手のタイムライン)に移動するとメッセ―ジ欄があると思います

右側にある歯車(▼)ボタンをクリックすると、pokeと出てきますので、
そこからpokeとして送ってあげるだけです、簡単でしょ?pokeに関しては
あまり深く考える必要はありませんので、気軽に楽しんでください

poke.png

頻繁に投稿する事がない方でも、相手からpokeがありましたとお知らせは来ますので
時間がある時に、ちょこちょこチェックするのもいいかもしれませんね!

ただ、いくらコミュニケーションの一環としてもpoe乱用は気を付けましょう
あまりにしつこいと、pokeだけで相手から嫌われる恐れもありますので・・

もう1つの使い方として、友達申請が来ると相手のタイムラインや
基本データーを見て判断をしますよね?はじめて友達になった時
僕はpokeで、あなたのタイムラインを見ましたよー!という想いを込めて
メッセージ代わりとして使うケースが多いですね!

もちろん、pokeじゃなく、自分から申請をして、相手が承認をしてくれた時に
メッセージ機能を使い承認ありがとうございます!と送るのもいいと思うのですが
相手のタイムラインに承認ありがとうございましたと書くのはNGです

タイムラインは相手の土地になるのですから、そこに承認のお礼を書くのは
僕はあまり宜しくないと思います。こんな時こそpokeは使えると思いますよ^^

pokeでやりとりすれば、互いのfacebookの利用度も分かりますし、
友達から親しいお友達に設定をされる事もしばしばあります!

そうなると、自分が投稿した時、いいね!をもらえる機会が
今まで以上に確実なものとなりますし、ありがたい機能ですよね!
いいね!が増えるとやっぱり嬉しいですからね!

Return to page top